ワークDay2日目

今日は13名

 

ワークやりに来た

 

監視カメラで見ていると。。。

 

最初のほうは居眠りをする生徒がいた

 

中盤から手を動かさず時間がたつのを待っている生徒が出てきた

 

ちょっと注意しに行っても

 

手が動くのはほんの数分

 

 

 

 

明日は手の動かない生徒は

 

僕がいる部屋で勉強させよう

 

これじゃぁ意味がない

さぁどうだったか。。。

中学1年生にとって初めての自学

 

学校のワークを教科書を見て

 

どんどん進める

 

ずーっと集中してる生徒もいた

 

でもなかなか集中力は続かない

 

手いたずらしたり

 

ぼーっとしたり

 

でも頑張れる時間もあった

 

1年生にとってはきつい時間だったと思うよ

 

5/4.5日は来たくないだろう

 

もうやることない

 

そんなことは絶対にないです

 

全部終わった

 

ありえない

 

今日来た生徒も

 

今日来れなかった生徒も

 

5/4.5日

 

待ってるぞ

 

 

始まった

GWワークday!

 

8:00-12:00までの完全自学

 

何人来るかなぁ

 

 

 

 

お!11名来たね

 

今日は部活がある生徒もいるから

 

4.5日はもっと増えるのかな

 

今日は質問なし

 

わからないところは飛ばしておく

 

わからないところには付箋を貼って

 

すぐに質問できるようにしておく

 

4.5日に質問は受けるよ

 

 

 

中間テストまで1か月を切った

 

1週間前にワークに追われているようじゃダメだ

 

試験範囲出てない?

 

関係ない

 

どんどん進めておけばよい

 

 

GWワークday

4/29-5/5まで塾はお休みとなります。
ただですねぇ5月中旬から中間テストがぼちぼち始まります。
城南中12.13日、砂中12日
大東西19日、高階西20.21日
高階26日、寺尾28.31日となっています。
中2、中3生はわかってると思いますが、学校のワークをしっかりとやっておけばある程度の点数は取れます。
特に理科、社会は6割くらい学校のワークから出題されています。そして、学校のワークは必ず提出を求められ、期限までに提出しないと内申点(通知表)に大きく影響します。
ワーク!ワーク!ワーク!
なので、今日、明日には学校のワーク全教科を家に持ってこさせてください。学校の教科書も同様です。そして少しでもいいので進めておくことが必要です。
テスト前に慌てて提出に間に合わせるようにやっても全く意味がありません。学校のワークを反復することが高得点の最短距離なのです。
そこでこのGW期間中、ワークを進めるために塾をあけます。日程は以下の通り。
29日、4日、5日午前8:00-12:00
3日間合計12時間。
試験範囲が出てないからわからない、そんなの関係ありません。進めてればいいんです。試験範囲を超えたっていいのです。僕らの方でも大体の範囲はわかります。

城南中、砂中は強制参加!といいたいのですが、予定もあると思いますので参加できない場合は連絡をお願いします。
その他の中学に関しては自由参加ですが、お休みだからといってノー勉なんてありえませんから。塾でやらなくてもしっかり家で学校のワークを進めるよう、しっかり指導願います。

集合時間は8:00厳守。
途中でバラバラ入ってこられると集中している生徒の集中力がそこでいったん途切れてしまいます。ただし、参加したいんだけど途中参加希望の場合は連絡してくれればOKとします。送迎はありません。

さぁ、中間テストに向けて始動です。高得点を臨むならやらせないと。

不登校から脱却

小学校6年生まで不登校

 

週2回、午前中、僕がいろいろとみていた生徒

 

勉強を教えるのはもちろんだけど

 

ほんの何回かだけど

 

野球を教えたりもした

 

春休みが最後の授業だった

 

最後の授業の後に

 

もう黒岩塾に戻ってくるなよって分かれた

 

 

 

そして中学入学から1週間

 

どうしてるかなぁとお母さんに連絡

 

すると

 

 

 

 

 

1日休んでしまったけど

 

学校に行っています

 

野球部に仮入部

 

人と話すのはやっぱりいいねー

 

って

 

本当に良かった

 

めっちゃうれしかった

 

やっぱりちょっとずつでも外に出ないとなんだよね

 

 

 

 

 

授業スタイル

中3Bクラス

 

ちょっと授業スタイルを変えてみた

 

数学でまずはゴリゴリ説明

 

6ページ分くらい

 

いろいろな例題を説明

 

全員が理解したら次の例題

 

ここから自学スタイルにする

 

練習問題を自分で解く

 

答えを見る

 

〇付けをする

 

できなかった問題をもう一度解いてみる

 

それでもできなかったら解答の解説を見る

 

それで理解できればよし

 

理解できなければチェックをしておっく

 

そのチェックした問題に関して後日個別で解説する

 

 

 

 

なんでこのスタイルにしようかと考えたかというと

 

授業を受けているだけ

 

聞いてその場は理解した

 

ように感じる

 

わからない問題は先生に聞けば教えてもらえる

 

だから必死に考えようとしない

 

 

 

まずは自分で考える

 

考える

 

考える

 

なんでこうなるんだろう

 

そういう壁にぶつからないと

 

頭に残らないよね

 

 

一気にこのスタイルにするのは危険だけど

 

徐々にこのスタイルを入れていく

 

 

 

 

 

でも

 

いつもはみんなの手が動いているか確認したり

 

わからない問題はすぐに教えていたり

 

 

 

今?

 

見に行きたい

 

けど

 

がまんがまん

 

だって見に行くとどうしても口が出ちゃうから

勉強したよ~

昨日の中1の英語テスト

 

それぞれのクラスでテストがあった

 

1つのクラスで生徒が

 

勉強した!

 

で?結果は?

 

不合格

 

勉強したもん

 

 

 

 

あのね

 

勉強量が足りないんだよ

 

5分勉強した

 

30分勉強した

 

 

結果は不合格

 

自分は勉強したということを主張するんじゃない

 

勉強量が足りなかったと反省しなさい

 

まぁ、まだ中学入学もしていない生徒

 

だんだんわからせていく